日本酒には、美味しい飲み方があるのをご存知ですか?

 

良心的な値段で飲める大衆居酒屋から、自分の好みを探せる日本酒専門店まで、今やどこのお店に行っても飲むことができる「日本酒」。せっかくなら、どこのお店に行っても美味しい「日本酒」をいただきたいですよね。

 

この記事では、日本酒の飲み方の基本である「常温」「冷や」「冷酒」「熱燗」の違いや、それ以外の飲み方、そして初心者におすすめの飲み方をご紹介します。

 

美味しい日本酒の飲み方を学んで、ぜひ実践してみてくださいね。

 

日本酒の温度の違いによる飲み方

日本酒飲み方1

 

「暑い夏には、冷たい日本酒が飲みたい」

「寒い冬には、温かい日本酒が飲みたい」

 

そう感じることはありませんか?暑い夏に温かい日本酒をいただくのは暑く感じてしまいますし、寒い冬に冷たい日本酒は体が冷えてしまいますよね。やはり、季節にあった温度で美味しく味わいたいもの。

 

日本酒にはたくさんの種類があります。そして日本酒の製造工程を理解するとより飲み方にも楽しみが広がります。

 

まずは、日本酒の温度の違いによる飲み方からお伝えしていきましょう。温度によって、日本酒のうまみや香りにも違いが出てきます。少しずつ変化を楽しみながら、日本酒を味わってみてください。

 

常温・冷や・冷酒の違い

飲食店で「常温をください」「冷やをください」と耳にしたことはありませんか?実は、日本酒において「常温」と「冷や」は、同じ意味を持ちます。つまり、どちらも「常温の日本酒」ということ。冷蔵庫に入れずに、そのままの温度でいただくのが一般的です。

 

一方で「冷酒」は、冷蔵庫や氷で冷やした日本酒のことを指します。

 

現代においても「常温」「冷や」がともに常温の日本酒のことを指し、「冷酒」が冷たい日本酒のことを指すのに使われています。

 

しかし、最近では「冷や」を冷たい日本酒として使われることも多くなっているため、日本酒を注文する際はわかりやすく「常温の日本酒をください」「冷たい日本酒をください」と伝えるのがおすすめです。

 

温度による分類と特徴

「常温」や「冷酒」以外にも、日本酒には温かい「熱燗」や少しぬるめの「ぬる燗」など温度の違いによって様々な特徴があります。

 

どのような味わいの日本酒が飲みたいのか、下記の表を参考にして試してみるのも良いでしょう。同じ日本酒でも、温度によって香りの引き立ち方が違うのに気づいて、日本酒のトリコになってしまうかもしれません。

大分類 小分類 温度帯 状態 味の特徴 おすすめの種類
熱燗 飛びきり燗 55~60℃ 無茶苦茶熱い。耳に手がいく。 個性、コクの強い酒がまろやかに 純米、本醸造
熱燗 50℃ 結構熱い。ちびちび。 香りがよくなり、酸がやわらかく 純米、本醸造
上燗 45℃ まあまあ熱い。 香りがマイルド、味もまろやか 純米、本醸造
ぬる燗 ぬる燗 40℃ あったかい。 香りも軽やかに、味わいもやわらかく 純米、本醸造、吟醸
人肌燗 35℃ ほんのりあったかい。 香りもやさしく、味もマイルド 純米、本醸造、吟醸
日向燗 30℃ 微妙にあったかい。 香りも軽く、味も飲みやすく 純米、本醸造、吟醸
冷や(常温) 冷や(常温) 20~25℃ 温かくもなく冷たくもない。 香り膨らみ、味わいも複雑 純米
冷酒 涼冷え 15℃ 若干冷たい。 香りも爽やか、味わいもなめらか 吟醸、純米吟醸、生酒系
花冷え 10℃ 普通に冷たい。 香り華やか、味も飲みやすい 吟醸、純米吟醸、生酒系
雪冷え 5℃ キンキンに冷たい。 香りフレッシュ、味もシャープ 吟醸、純米吟醸、生酒系

あくまで、参考の飲み方だと考えてください。ご自身にあう温度帯を探すのも楽しいですよね。

 

熱燗とは

日本酒飲み方2

 

寒い冬に美味しくいただける日本酒といえば、「熱燗」。日本酒の芳醇な香りを豊かに感じることができる「熱燗」は、実は「飛びきり燗」「熱燗」「上燗」の3種類に分類されています。熱い温度は、豊かな香りを引き立ててくれるので、純米や本醸造の日本酒におすすめです。

 

熱燗の中で最も熱いのは、「飛びきり燗」と言われ非常に熱い55〜60℃の日本酒。一口では飲むことができないほどの熱さではありますが、ゆっくりと飲むには最適の温度です。高い温度が日本酒のコクをまろやかに保ち、他の温度では味わえない日本酒の個性が光ります。

 

よく耳にする「熱燗」は、だいたい50℃の日本酒です。とても熱いですが、飲めないほどではなく、日本酒の香りを柔らかく感じることができるでしょう。酸も柔らかく溶け合い、飲みやすくなっています。

 

あまり馴染みのない「上燗(じょうかん)」は、だいたい45℃の日本酒です。お米の香りが引き立ち、まろやかな味わいが特徴。全体的に引き締まった香りを感じられます。

 

熱燗は、最初の温度が飲みながら、徐々に温度が下がるのも楽しみの一つです。一定の時間内で香りも変化し、味わいも変化する熱燗の魅力を感じてください。

 

ぬる燗とは

「熱燗」よりもややぬる目の「ぬる燗」は、あまり耳馴染みはありませんが他にも「人肌燗」と「日向燗(ひなたかん)」の3種類に分類されています。熱燗よりも飲みやすい「ぬる燗」は、マイルドな味わいを楽しめるため、コクのある純米や本醸造、吟醸の日本酒がおすすめです。

 

とても一般的な「ぬる燗」は、だいたい40℃の日本酒で、ほんのりあったかく飲みやすいでしょう。日本酒の強い香りもやんわりと穏やかになるので、初心者にもおすすめの温度です。

 

だいたい35℃の日本酒は「人肌燗」と言われ、人の温もりのように触ると温かく感じる温度が特徴。香りも味も、マイルドでたくさん飲んでもクドくありません。

 

「日向燗」は、だいたい30℃の日本酒です。ポカポカとした若干の温かみを感じる程度で、日本酒の香りもなめらかに感じられるでしょう。

 

冷や(常温)とは

先ほど説明した冷や(常温)の日本酒は、だいたい20〜25℃の状態のことを指します。冷蔵庫や冷暗所で保存することなく常温の状態を保っているため、熱くもなく冷たくもない標準的な温度と言っていいでしょう。

 

冷や(常温)でいただく日本酒は、本来の日本酒の味わいをしっかりと感じることができます。熱さによる香りの豊かさや、冷たさによる上品な鼻に抜ける味わいはありませんが、お米が作り出した日本酒をそのまま楽しむことができるでしょう。

 

冷酒とは

日本酒飲み方3

 

熱い夏におすすめの飲み方といえば、「冷酒」。ほんのり冷たい「涼冷え」や「花冷え」、キンキンに冷えている「雪冷え」まで温度によって細やかな呼び分けがされています。香りを引き締め、鼻に抜ける果実や花のようなフルーティーな味わいを強調してくれるので、吟醸や純米吟醸の日本酒におすすめです。

 

だいたい15℃の「涼冷え」は、涼やかな冷たさを感じる日本酒。冷やすことで、日本酒の華やかな香りが開きフルーティーな飲みやすさが特徴です。

 

花さえ冷たくなる温度の「花冷え」は、だいたい10℃の日本酒のこと。冷たさによりお米の香りが少し抑えられることで、非常に飲みやすい温度です。日本酒のきめ細やかな味わいを感じられるでしょう。

 

キンキンに冷やした、おおよそ5℃の日本酒は「雪冷え」と言われ、その名の通り雪のように冷えているのが魅力です。よく冷やすことで、日本酒の香りが抑えられ、華やかで上品な味わいを引き立てます。

 

熱燗、冷や、冷酒以外の飲み方

日本酒には、「熱燗」「冷や(常温)」「冷酒」以外にも飲み方があるのをご存知ですか?日本酒をソーダで割ってみたり、ロックにしてみたり、他にもツウな飲み方が満載!

 

「日本酒を割ったら、うまみや香りが薄くなってしまうのでは?」そう思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、ご安心あれ!さらに美味しくなる飲み方をご紹介するので、騙されたと思ってぜひ試してみてくださいね。新しい日本酒の飲み方を知って、もっと日本酒を楽しみましょう。

 

日本酒のソーダ割り

まずは、日本酒をソーダで割った「日本酒のソーダ割り」。

 

ウイスキーをソーダで割った「ハイボール」や、焼酎をソーダで割った「焼酎ハイボール」など、他のお酒はソーダ割りを駆使して美味しい飲み方を提案していますが、日本酒をソーダで割った「日本酒のソーダ割り」を耳にする機会は圧倒的に少ないですよね。

 

でも大丈夫!ウイスキーや焼酎同様に、日本酒のアルコール度数もおおよそ15度前後とそのまま飲むにはアルコールが少し高め。ソーダで割ることで口当たりがまろやかになり、日本酒の重さを軽くしてくれます。スッキリと軽やかな味わいに、そのまま日本酒を飲むよりも、たくさん飲んでしまいそうです。

 

日本酒のロック

お次にご紹介するのは、日本酒に冷たい氷を入れた「日本酒ロック」で。こちらも、ウイスキーや焼酎ではお馴染みのやり方ですよね。

 

氷で冷やされた「日本酒ロック」は、温度が下がることで香りや味わいが華やかでシャープになるのが特徴。さらに、時間が経つと氷は少しずつ溶けていき、日本酒のアルコール度数を下げてくれるので、日本酒初心者の人にも飲みやすくなるでしょう。

 

日本酒の水割り

日本酒を水で割った、「日本酒の水割り」も初心者にはおすすめの飲み方。

 

「温度の変化でさまざまな顔を見せてくれる日本酒に水を加えてもいいの?」なんて声が聞こえてきそうですが、問題ありません。むしろ、少しアルコール度数が高めの日本酒に水を加えることで、味わいはまろやかになりとても飲みやすくなります。

 

ここで注意して欲しいのが、日本酒と水の割合。日本酒と水がおおよそ8対2の割合で作るのが「日本酒の水割り」の黄金比と言われています。水が多すぎると、日本酒の魅力である香りや味わいが薄くなってしまいますし、水が少なすぎるとアルコール度数が下がりにくく、初心者には飲みにくくなってしまうもの。8対2で割ることにより、スパークリングワインのような飲みやすい度数の日本酒を味わうことができます。

 

日本酒をシャーベット

日本酒をシャキシャキに凍らせて飲む「日本酒シャーベット」も、爽やかで美味しい飲み方です。

 

別名「みぞれ酒」とも呼ばれており、その名の通りシャキシャキと日本酒のデザートを食べているような新感覚を味わうことができます。

 

自宅での作り方

  1. 日本酒を鉄製の容器に移します。
  2. 日本酒を冷蔵庫に入れてキンキンに冷やしましょう。
  3. 今度は、その日本酒を冷凍庫に移し約90分ほどしっかりと冷却。
  4. グラスも冷凍庫に入れて冷やします。
  5. 日本酒とグラスを冷凍庫から取り出し、少し高い位置から日本酒をグラスに注ぎます。

すると、あら不思議。しっかりと冷やされた日本酒が、グラスに注がれる過程でシャキシャキの日本酒シャーベットに早変わり。これは「過冷却」といった原理の応用です。冷たいお酒に衝撃が加わると、分子が結びついて結晶化になるんです。

 

見た目もグラスに注ぐ過程も涼やかで、家族や友人と楽しめるの魅力の飲み方ですね。

 

日本酒のカクテル

日本酒飲み方4

 

家でも簡単に作れる「日本酒カクテル」は、おしゃれで美味しい飲み方です。それでは、日本酒の味わいを最大限に活かした3つの「日本酒カクテル」をご紹介ましょう。

・「サムライロック」

日本酒をベースに、ライムジュースを加えたカクテル。仕上げに、ライムをグラスに添えると見栄えも良いでしょう。ライムのスッキリとした後味と、日本酒の香りが混ざり合う、その名の通り「ニッポン」を感じさせるドリンクです。

 

・「和風ハイボール」

日本酒をベースに、ジンジャエールを加えたカクテル。爽やかでピリピリとした刺激が特徴のドリンクです。

 

・「レッドサン」

あまり耳馴染みのないこちらのカクテルは、日本酒をベースにトマトジュースを1対1の割合で加えます。トマトの酸味が意外にも日本酒とマッチ。爽やかで健康にもいいドリンクです。

 

初心者におすすめの飲み方

ここまで、「日本酒のソーダ割り」「日本酒カクテル」など初心者の方でもおすすめの飲み方をご紹介してきましたが、他にも初心者におすすめの飲み方をご提案しましょう。

 

まずは、日本酒の飲みやすさを感じてみてくださいね。

超甘口の酒

日本酒は、アルコール感が強く、辛口ばかりと思ってはいませんか?

 

実は、日本酒には日本酒度-20度以上の超甘口の日本酒が存在します。「日本酒度」とは、日本酒の辛口・甘口など、日本酒の中にどれくらい糖度が含まれているのかを表す指数のこと。日本酒度について詳しい記事はこちらをご覧ください。

 

つまり日本酒度-20度ということは、超甘口の日本酒のことを指します。本来、日本酒度はマイナス10度からプラス10度の範囲に収まるのが一般的。-20度の数字がどれほど糖分を含んでいるのかがわかりますね。

 

このような超甘口の日本酒は、氷を入れてロックにして飲んでも美味しいですし、炭酸で割った日本酒ソーダにして飲むのもおすすめ。ジュースのような感覚で楽しむことができます。-40度の極甘口の日本酒にご興味がある方はこちらの販売ページをご覧ください。

 

低アルコールの酒

日本酒のアルコール度数は、おおよそ15度〜18度と高めのものばかりと思ってはいませんか?

 

初心者には、低アルコールの日本酒も挑戦しやすいでしょう。アルコール度数が10度以下、かつ日本酒度がマイナスのお酒は、日本酒としても美味しく味わうことができ、さらに日本酒の甘みによって飲みやすく仕上がっています。

 

奈良県の今西清兵衛商店から発売されている「ときめき」は、まさに低アルコールで日本酒度がマイナスの日本酒。まるでフルーツを思わせるようなお米のうまみと、ほどよい酸味、爽やかな発泡感が、初心者にも飲みやすく美味しい日本酒です。発泡性純米酒ときめきの販売ページにご興味ある方はこちらからご覧ください。

 

甘めの日本酒カクテル

日本酒飲み方5

 

先ほどご紹介した「日本酒カクテル」ですが、初心者にさらにおすすめしたいのは、より甘めの日本酒カクテル。3つほどご紹介しましょう。

 

・「サケコークハイ」

日本酒をベースに、コーラを混ぜ合わせたカクテル。日本酒とコーラを1対1の割合で加えましょう。お馴染みのコーラの甘味が日本酒に絡まることで、初心者でも飲みやすいサケコークハイの完成です。

 

・「日本酒カルピス」

日本酒にカルピスを加えたカクテル。日本酒が9、カルピスの原液が1の割合で作るのがおすすめです。カルピスの甘みが日本酒のアルコールによって緩和され、大人なカルピスの出来上がり。

 

・「カシス娘」

少しマイナーな飲み方で美味しいカクテルといえば「カシス娘」です。日本酒をベースに、カシスのリキュールを加えます。カシスの甘さが引き立つカクテルと言っていいでしょう。だいたいカシスと日本酒を1対2の割合で加えます。日本酒は後味にほんのりと香る程度で、まろやかな味わいに。

 

フルーティーな吟醸酒

「日本酒カクテル」や「日本酒ソーダ割り」など、さまざまな飲み方に挑戦したあなたには、フルーティーな日本酒はいかがでしょう?

 

鼻に抜ける果物のフルーティーさを感じる日本酒は吟醸酒と言われ、若い女性や日本酒初心者の人でも手に取りやすい味わいが特徴。口に残らないスッキリとした爽快感も魅力です。

 

このようなフルーティーな日本酒は、氷をたっぷりと入れて味わうロックや炭酸で割ったソーダ割りにしてみてもいいでしょう。温度が下がることで、果物のようなフルーティーさがより鼻に抜け、美味しさが倍増します。

 

果物のようなフルーティーな香りで有名な出羽桜の販売ページにご興味ある方はこちらもご覧ください。

 

まとめ

温度の変化でいくつもの顔を見せてくれる日本酒。今や、日本中で美味しい日本酒を飲めるようになりました。せっかくなら、美味しい日本酒をさらに美味しく味わいたいもの。

 

この記事でご紹介した、温度の変化で日本酒の味わいを楽しんだり、日本酒を水やソーダで割ってみたり、カクテルにしてみたり、日本酒の飲み方さまざまあって、私たちを楽しませてくれます。初心者の方にも低アルコールや甘いカクテルなど、飲みやすい工夫がいっぱい。

 

ぜひ、身近な日本酒を少しの工夫でさらに美味しく味わいましょう。ご自身に合った素敵な日本酒との出会いもあるかもれませんね。

 

 

 

Twitterでフォローしよう